2016年1月アーカイブ

頭皮状態から分かるあなたの薄毛の深刻度

自分の頭皮の色を気にしたことはあるでしょうか?頭皮環境が薄毛に影響を及ぼしていることは分かっていても、具体的には分からない人が多いのではないでしょか?

頭皮環境とは畑に例えると土の部分で、栄養が豊富で良い土には健康で美味しい植物や野菜ができますが、痩せた土からは痩せて元気のない植物しか出来ませんよね!それと同じで頭皮環境がよく栄養が豊富な頭皮からは健康で艶々ハリのある髪が生えてくるのです!

頭皮環境が悪く毛穴に十分な栄養が行き渡らない場合は、髪にも栄養が届かず育ちません!そのため生えている髪は細くなりやがて抜けてしまい、これから生えるはずだった髪も成長できずに止まってしまいます・・これが薄毛や抜け毛の原因なので、頭皮環境を整えることがまずはとても大切なことなのです!

それでは自分の頭皮環境はどのように知ることができるのでしょうか?一番わかりやすいのは頭皮のいろなのです。

日本人の頭皮は元々青白いのですが、それが血行が悪いと勘違いしている人がいるようですが、実はそれが健康な頭皮の色で、それ以外が不健康な頭皮です。

血行が悪い場合は褐色や黄色がかった色をしており、十分な栄養が行きわたっていない証拠です!このような頭皮には血行を促す効果が高い育毛剤やトニック、マッサージが有効ですぐには効果が出ませんが続けることで徐々に血行が促され青白い健康的な頭皮になるはずです。

頭皮環境と薄毛の関係を知っていても、自分の頭皮の血行がどうなのかを知らない人が多いと思いますので、このような頭皮の色で健康状態を見極めると分かりやすいのではないでしょうか?

薄毛の原因はたくさんありますが、どのようなものがことが原因になっていても頭皮環境を整えることはまず一番最初に行うべきことで、そうしないとせっかく効果的な薬や育毛剤を使っても浸透しにくく効果が出ないのです!面倒ではありますが、毎日のシャンプー後のマッサージを習慣にし健康な頭皮を手に入れましょう!

 

薄毛に悩む人は育毛剤だけではなく抜け毛や薄毛に効果があると言われるものは、何でも試してみたいと思うものです・・なぜなら、日に日に進行している薄毛は早く何とかしないと、あっという間につるつるになってしまうのは自分が一番わかっているから焦っているのです。

育毛効果があるのではないかとヘッドスパに通っている人も多いようですが、実際は本当に効果はあるのでしょうか?

ヘッドスパも色々あり行っている施術は様々なので、どこでも効果がある!とは言えませんが、少なくても頭皮環境を整える効果はあるようです。

抜け毛の原因が頭皮環境が悪く血流が悪い人は、ヘッドスパで血流を促し毛穴の汚れを取り除くことで十分な栄養が行きわたるようになるため、徐々に抜け毛が減り細くなっていた髪にハリやコシが生まれます。

この頭皮環境が抜け毛や薄毛の原因になっていることが多く、ホルモンが原因ではない場合はこの頭皮環境の悪化を疑った方が良いかもしれません!頭皮環境は運動不足、食生活の乱れ、無理なダイエット、ストレスなどで体全体の血流が悪くなり、あまり動きのない頭皮はかなりその影響を受けやすく硬くなってしまいます。血液によって毛穴の奥に栄養が送られるのですが、その流れが悪くなると栄養失調になり髪が細くなりやがて抜けてしまいます・・

ヘッドスパでは頭皮を柔らかくし血流を促す効果が高い施術がたくさんあり、何よりも気持ちが良いのでストレス解消にもつながります!ストレスを解消することは薄毛にはとても重要なことなので、その点でもか効果があると言えるのではないでしょうか?

ヘッドスパは単にマッサージをしてくれるだけではなく、最新の技術を使って小顔や若返り、頭蓋骨矯正までできる場所です。ホルモンバランスが原因の場合は効果が出にくいこともありそうですが、育毛剤やサプリメントとの併用でより効果が期待できるのではないでしょうか?

キレイな髪を保っている人は良いシャンプーやトリートメントだけではなく、定期的にヘッドスパを利用して頭皮環境を整えているため、きれいな髪を育てることができるそうです。芸能人やモデルさんは抜け毛や薄毛とは無縁の艶々の髪なのは、日々の努力があるんですね~

 

と言うことでヘッドスパは発毛、育毛効果が高いとは言えませんが、頭皮環境を整えるには最適なのです!

 

たくさんの育毛剤を使ってみたけれどなかなか効果が感じられるものがない、肌が弱くて刺激を感じてしまう、使用感が好きになれない・・そんな悩みを持っている人が意外と多いようなのです!

育毛剤と一言で言っても色々な種類があり、特に血行促進成分には刺激が強い物が多く、頭皮が熱く感じたり逆にスースーしたり、ヒリヒリしたり・・何となく血行が良くなって効果が出そうな気がしますが、実はこれが頭皮にとっては刺激が強く逆効果と言う場合も少なくないようです。

そこで、最近注目されているのが家庭で作るアロエ育毛剤なのです!まさか育毛剤を自分で作るなんて考えもしないですよね?最近は石鹸や化粧水、ファンデーションまでも手作りする人がいるのは知っていましたが、育毛剤が作れるとは・・

アロエと言えば肌に良いとか昔から万能薬として家庭で育てている所も多いのではないでしょうか?我が家でもけがや火傷をすると祖母が「アロエを付けておきなさい」と言ったものです。そんなアロエには育毛効果があり、それに注目した人たちが自分でアロエ育毛剤を作るようになったそうです。

最近とても人気があるのは、手軽に作れることと実際に使ってみると効果が高い人は多いからではないでしょうか?ドラッグストアやネット通販で購入できる育毛剤は意外と高価なものが多く、必ずしも効果があるとは限らないのが辛いところです・・しかし、自宅で簡単に作れるアロエ育毛剤ならば失敗してもいいや!と気軽に作ることができるのも嬉しいですね!

作り方は本当に簡単で、アロエを市販のホワイトリカー(焼酎)に漬けるだけです。

アロエには男性ホルモンが原因の薄毛改善効果があるアロインと、細胞を活性化させる効果があるタンニン酸が含まれているので、まさに育毛剤に最適なものなのです!

実は、このアロエ育毛剤は昔から抜け毛予防に使用されてきたもらしいのです!ってことは昔の人もアロエの育毛効果を知っていたんですね~

アルコールに刺激を感じる人は、アルコールを使わない作り方もありちょっと面倒ではありますが、アロエを刻んで30分ほど煮込み濾過します。2週間以内に使いきる必要がありますが、成分がギュッと詰まっているので効果的です。

 

このように手作りしたアロエ育毛剤は一日二回ほど使うと効果的で、シャンプー後にマッサージしながら浸透させると良いらしいです。肌に優しく簡単に作れる育毛剤なので、是非一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

たくさんの育毛剤の中から自分に合った物を選ぶのはとても難しいと思いませんか?選択肢が増えたのは大変うれしいことですが、その分選ぶ大変さがあるような気がします。ドラッグストアや薬局、ネット通販でもたくさんの育毛剤がありどれも効果がありそうに見えるのですが、実際に使ってみると宣伝ほどの効果が得られなかったり何となく「違うな・・」と感じることも多いものです!他の人に効果が合っても自分には全く効果がないこともあるので、自分の体質や症状に合ったものを選ぶ必要があるんですよね・・

せっかく良い育毛剤を使っていても自分の抜け毛が薄毛に全く関係のない成分しか入っていないなら使う意味がなく、結局時間とお金の無駄遣いで抜け毛は進行してしまうのです。

それでは、実際に自分の髪がいつもより抜け毛が多く髪が薄くなてきたと感じたら、どのような効果がある育毛剤を選んだらいいのでしょうか?

育毛剤の効果を大きく分けると3つ挙げられます。

・血行が悪くなった頭皮の血流を促進する

・毛母細胞に足りない栄養を与える

・男性ホルモンを抑制することで抜け毛を減らす

自分の抜け毛や薄毛がどんな原因で進んでいるのかを知ることがまずはとても大切で、それによって必要な効果が得られる育毛剤を選べばいいのです。

 発毛剤はまだ買うな!効果がある人、ない人、その違いとは?

特に喫煙や運動不足、ストレスや生活習慣が原因で頭皮が硬くなっている人は血流を改善し、毛根に十分な栄養を行きわたらせることが大切で、血流が改善すると頭皮環境が良くなり抜け毛が減り細くなった髪もだんだん太くなっていきます。

生活や食生活が不規則で栄養バランスが悪くなっている人は、毛母細胞の栄養が足りないことが多いのでそれを補ってくれる成分が必要です。あまり気にしない人が多いのですが、自分が食べる物や飲み物によって頭皮環境はかなり変わり、十分な栄養を摂っていないと頭皮にまで栄養が行きわたらないのです。

また、親や親せきに髪が薄い人が多い場合は遺伝的な要素が大きいと考え、男性ホルモンを抑制する効果がある育毛剤を使う必要があり、それによってAGAの原因になる男性ホルモンの過剰分泌を抑えることができるのです。

このように一言で育毛剤と言っても原因によって使い分けることで効果を発揮することができるのです!最近はこれらの成分をすべて配合した育毛剤もあるので、自分の薄毛の原因がいまいち分からない人はそのようなものを選ぶと良いかもしれませんね。

このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11