自分に合った育毛剤の見つけ方|何を基準に選べばよいのか?

たくさんの育毛剤の中から自分に合った物を選ぶのはとても難しいと思いませんか?選択肢が増えたのは大変うれしいことですが、その分選ぶ大変さがあるような気がします。ドラッグストアや薬局、ネット通販でもたくさんの育毛剤がありどれも効果がありそうに見えるのですが、実際に使ってみると宣伝ほどの効果が得られなかったり何となく「違うな・・」と感じることも多いものです!他の人に効果が合っても自分には全く効果がないこともあるので、自分の体質や症状に合ったものを選ぶ必要があるんですよね・・

せっかく良い育毛剤を使っていても自分の抜け毛が薄毛に全く関係のない成分しか入っていないなら使う意味がなく、結局時間とお金の無駄遣いで抜け毛は進行してしまうのです。

それでは、実際に自分の髪がいつもより抜け毛が多く髪が薄くなてきたと感じたら、どのような効果がある育毛剤を選んだらいいのでしょうか?

育毛剤の効果を大きく分けると3つ挙げられます。

・血行が悪くなった頭皮の血流を促進する

・毛母細胞に足りない栄養を与える

・男性ホルモンを抑制することで抜け毛を減らす

自分の抜け毛や薄毛がどんな原因で進んでいるのかを知ることがまずはとても大切で、それによって必要な効果が得られる育毛剤を選べばいいのです。

 発毛剤はまだ買うな!効果がある人、ない人、その違いとは?

特に喫煙や運動不足、ストレスや生活習慣が原因で頭皮が硬くなっている人は血流を改善し、毛根に十分な栄養を行きわたらせることが大切で、血流が改善すると頭皮環境が良くなり抜け毛が減り細くなった髪もだんだん太くなっていきます。

生活や食生活が不規則で栄養バランスが悪くなっている人は、毛母細胞の栄養が足りないことが多いのでそれを補ってくれる成分が必要です。あまり気にしない人が多いのですが、自分が食べる物や飲み物によって頭皮環境はかなり変わり、十分な栄養を摂っていないと頭皮にまで栄養が行きわたらないのです。

また、親や親せきに髪が薄い人が多い場合は遺伝的な要素が大きいと考え、男性ホルモンを抑制する効果がある育毛剤を使う必要があり、それによってAGAの原因になる男性ホルモンの過剰分泌を抑えることができるのです。

このように一言で育毛剤と言っても原因によって使い分けることで効果を発揮することができるのです!最近はこれらの成分をすべて配合した育毛剤もあるので、自分の薄毛の原因がいまいち分からない人はそのようなものを選ぶと良いかもしれませんね。

このブログ記事について

このページは、haircare21が2016年1月12日 09:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「女性でも起こる男性型脱毛症|更年期を迎えた人は注意!」です。

次のブログ記事は「育毛剤は自分で作る時代!?|家庭でできるアロエ育毛剤」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11